読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタルクライマーのブログ

メタル音楽 + クライミング(ボルダリング) + 横浜のお店

2016年総括 クライミング

クライミング

 

2016年最終日。振り返ってみれば今年はクライミングに熱中した一年だった。いつ何を登ったか、課題のムーブ解析等々、ノートもつけていた。我ながら真面目だと思う。仕事もこれくらい熱心にやればいいのにねぇ、自分。

さて、折角なのでこれらのメモを読み返しつつ自分クライミングまとめをしてみようと思う。ざっくりまとめたのは以下。

◆何回クライミングジムに行ったのか記録

◆いくつの課題を登ったのか記録

◆身体の変化の記録

 

f:id:metalclimber:20161231130716j:plain

総括

圧倒的に最寄りの横パンが多いのだが、その回数なんと100回を超えていた。人生で一番スポーツをした年だと思う。このペースで通えば余裕で年会員費の元が取れそうである。

月次でみてみると(いろいろ忙しかった9月を除けば)平均して月10回程度ジムなり外岩に行っていたことになる。3日に1回。いい年した会社員がこれでいいのかとも思うがまぁ、登るのは楽しいからね、仕事より。

 

  • 課題数の推移

日付×課題数(横パンのみ)で自分の成長率を視覚化していたのがこちら。面倒なので低グレードはある程度のところでカンストしている。

f:id:metalclimber:20161231132107j:plain

 総括

5級までの成長率は著しく、一定のペースで課題をクリアしていっている。当時はジム訪問時に必ず新課題のクリアを自分に課していた。昇級するにつれ多少の鈍化はあるにせよほぼこのペースでの成長を期待していたのだが、4級からは一転して課題の難易度の上昇具合に驚く。大体3回通って1課題落とせるかどうかだ。しかも日をあけると前回より登れないという泥沼っぷり。『いかなきゃ弱くなる!』という恐怖観念が生まれて、ハマると抜け出せないが、通えば必ず成長する、のが楽しいのかもしれない。

なんとかキリの良い4級20課題を達成して今年を締めくくることができた。来年は早々に3級への挑戦を始めようと思う。

 

  • 体組成の変化

f:id:metalclimber:20161231140412j:plain

 総括

やはり重力に反して壁を登るスポーツであるから、余分な体重(脂肪)は少ないほうがいいでしょう、ということで始めたダイエット。身長170に対して開始時の体重は約72kgと割と重め。クライミングで重要な筋肉と体重のバランス(パワーウエイトレシオ)を意識して、マッチョでもガリでもない理想の体型を目指す。とはいえ日常生活で取り組んだのは以下の3つだけ。

①酒:量は変えずにビール→カロリーOFFのタイプ(発泡酒)へ変更

②社食:バランスを考えた食事。ご飯はM→Sサイズ中心に変更。野菜の割合をかなり多めにする。

③運動:クライミングジムでの運動のみ

もともと太りやすく痩せやすい体質なのもあるが、4ヵ月で目標の-10kgを達成。会社の同僚から突然のスリム化を度々心配される始末、肉体を見せるわけにもいかないのでこれにいちいち説明するのがかなり面倒くさかった。。

期間中の体脂肪minimum値は5.8%とかなり低い。この時は体が非常に軽くこれだけで+1級くらいの価値がありそうな感じがしていたが、残念ながら運動後の体の疲れが取れにくく、結局現在の9%前後まで戻した。

 

総括の総括

今年は外岩デビューできたし、満足な一年でした。以上。(長くて面倒になってきたので適当)

yokopan2016/12/30

今年最後のボルダリング。締めは年内は本日で最終日の横パン。

f:id:metalclimber:20161230153051j:image

2階ShortWave 4級

他人の登りを見る限り核心はどうやら中段左のピンチ取りのようだが…個人的には『下段2手目の横ピンチ保持→左手ガバカチ取り』に難儀する。

前回は友人のD君とこの部分で悶絶、半ば諦め気分だったが、日を空けて触ってみたところ、意外にもうまい具合に保持れた。ここを抜ければあとは簡単、バラしておいたムーブで難なくクリアできた。

2016年最後のジムは気持ちのいい締めくくりとなった。

それにしても最終日のジムの盛況っぷりが(普段の休日と変わらず)凄かった。皆さん帰省とかしないんですかね。

 

御嶽ボルダー2016/12/18

クライミング

4週間ぶりの御嶽(2回目)D君と9:30頃駅到着。前回は雨の翌日でびっしょりだった岩も、今回は数日間晴れていたこともあり乾いているようだ。

また、前回は紅葉シーズンだったのか、駅に人が溢れていたが、今日はボルダラーの方が目立つくらいだ。

さて今日は先ずソフトクリームから。アップ代わりにと思って取り付いた5級ができん…マントルが怖かったのであっさり諦めた。隣の凹角3級、D君がムーブ解析の末完登。足の位置を細かに教えてもらい、自分も何とか完登。

f:id:metalclimber:20161218201758p:image

f:id:metalclimber:20161218192913p:image

上D君 / 下自分

自分はホントギリギリでした。ここで既に午前中の3級に満足しマッタリモードに。

忍者岩付近に移動。忍者岩はさすがの混混み具合。ベテランのフィジカルの強さにも驚かされます。数年内にこれ登れるように鍛えねば。

さて、次のターゲットはお隣の白狐岩3級。

f:id:metalclimber:20161218193451p:image

近くにいたおじ様にコツを教えてもらいD君も自分もあっさり完登!思いがけず、3級2課題をゲットできた。

次はマミ岩右の3級へ。スタート直後の左手が痛い、何とか保持って右足に体重を預け上の溝に手をやる。ギリギリ次の手に届いたがそこでマッチできず、体力が底をつく。

f:id:metalclimber:20161218201626j:image

最後はおきまりの風呂→ビール→風呂でフィニッシュ!

お疲れ様でした。

 

明日仕事じゃん…

yokopan2016/12/11

クライミング

f:id:metalclimber:20161212093534j:image

2F Short Wave 4級

遂に横パン4級20課題を達成。最初に4級登ったのが今年4月終わり、ここまで随分と時間がかかった。これまで各級20課題に到達したところで昇級できていたのだが…3級には全くビジョンを感じない。暫くは4級で修行か。

課題の方は、核心?のポケット横にあるカチが遠くて宿題にすること3回。前回、上級者の登りを真似すると動き方の感覚が掴めたので、イメージを忘れないうちに本日はこの課題を真っ先にトライ。

左手ピンチ→右手遠いクリンプの構成が似ているお隣の課題も落とせそうだ。

 

六厘舎

飲食店

所用で五反田に繰り出した帰りに、大崎Wiz Cityにある『六厘舎』へ。

f:id:metalclimber:20161210143018j:image

六厘舎といえばまずつけ麺(上図)なのだが、いつもこればかり注文しているので、今日は中華そばをオーダー。

f:id:metalclimber:20161210143128j:image

醤油とんこつ+中太麺、うまい。冬はつけ麺よりラーメンの方が、体があったまって嬉しい。

ごちそうさん

 

自作クライミングウォールep.1

DIY

来年完成予定の新居。クライミングへの熱い想いから、登れる壁をつくることに決めた。試算ではジムに通うより圧倒的にコストかかるのだが、まぁ時間気にせず登れるし、クライミングはライフワークですから、と自分を納得させた。

2階の一室をプライベートジムにするべく、勾配天井や床補強を導入する予定だ。打ち合わせでハウスメーカーさんから『何をする予定の部屋ですか?』なんて聞かれるもちょっと恥ずかしくて言えない。

さて、先日の打ち合わせで部屋の形状が最終決定したので、先ずは部屋の全体像をつかみ、壁のイメージを膨らませるべく図面を見ながら模型をつくる。1/20サイズで切った厚紙(壁)をせっせと貼り合わせていく。仕事より真剣に、丁寧に作業を進める。

f:id:metalclimber:20161210014741j:image

こんな感じ。う〜む、ちょいとイメージが湧いてきた。天井の傾斜使いにくそうだな…てか5畳ちょいって結構狭いな…

f:id:metalclimber:20161210015013j:image

とりあえず入り口に看板とT君(170cm)をつけて雰囲気を出していく。初日はここまで。

 

2日目。内装に壁紙貼りたいな〜と思い仕事の休み時間に100均へ。木目の折り紙(最近はこんなの置いてるんすね)を購入。

f:id:metalclimber:20161210015320j:image

帰宅して壁紙を施工していく。なんかすごく部屋っぽくなってきた。

f:id:metalclimber:20161210020606j:image

天井を閉じて入り口から見るとこんな感じ。思った以上に部屋のスケール感を感じる。窓はちゃんと透明の樹脂板を貼ってみた。

f:id:metalclimber:20161210020828j:image

というわけでとりあえず完成した1/20クライミングジム。骨組となる単管パイプを模した竹ひごで壁のレイアウトを今後検討していこう。

f:id:metalclimber:20161210021100j:image

妻のおかげでT君に髪の毛が生えたぞ。あと変なシャツ着てる…

クライミングシューズ補修

クライミング

f:id:metalclimber:20161204165404j:image

SCARPAのinstinct vs

今年4月頃フランス出張したD君から安く仕入れてもらったものだ。ちょうどこの頃ジムの期間会員になり頻繁に通うようになったこともあり、履き始めから3ヶ月で右足トゥ部の下地が見えてきてしまった。

下地まで破れる前にもう一足vsを購入し、こちらをリソールに出そうと思うまま暫く放置していたのだが。突然、自分で補修しようと思い立ち東急ハンズまでお出かけ。

f:id:metalclimber:20161204171214j:image

ワイヤーブラシとゴム(1mm厚のブチルゴム)トータル300円。

ブチルを選んだ理由はフリクションが良さそうなことと、若干素材の伸びが良いため。

破れた部分のみゴムを貼るのも格好が悪いので、トゥというか甲先端にがっつり貼ってみることに。

f:id:metalclimber:20161204171452j:image

先ずはそれらしき形にゴムをカット。アロンアルファでセンター部を仮止めし、あとはゴムを伸ばしながら丁寧に接着していく。

f:id:metalclimber:20161204171631j:image

不要な角をカットしながらさらに細かく形状に合うように隙間を接着していくと↑のような感じに。(下:補修品、上:オリジナル)

うーむ悪くない。なかなかいい感じではないか!

さて、ゴムはこのままだとピカピカのツルツルなため、ワイヤーブラシで表面をざらつかせる、とこんな感じに。ここまで30分もかからずにできる。

f:id:metalclimber:20161204172034j:image

簡単に手に入るゴム材ではブチルはフリクション性がマシな方だと思うが、オリジナル材よりも若干悪い気がする…まぁそこは仕方ないか。

f:id:metalclimber:20161204172904j:image

フリクション良さそうなゴムを探してきてまたやろう。