メタルクライマーのブログ

メタル音楽 + クライミング(ボルダリング) + 横浜のお店

ハリボテ自作 3回目

誰がどんな需要でみてるかわからんブログですが、久々の更新です。

 

今回も、木の端材消費のためハリボテをつくろうと思います。

 

目標はこれ。

Wooden trapez – Simpl

f:id:metalclimber:20190807120459j:image

 

 

シンプルのボリューム。かっこいいし、課題のバリエーション増えそうで、欲しいんだけど、個人で買うにはあまりにも高いので、じゃあつくろうか、というノリです。

 

先ずは表面のザラザラとしたテクスチャをどうつくろうか。色々考えた結果、最も安価でそれっぽくなりそうな方法をみつけたので、試してみようと思います。

 

1. 板を用意します

f:id:metalclimber:20190807013202j:image

 

2.ツルツル面とザラザラ面を分ける場合は片側をマスキングします

f:id:metalclimber:20190807012407j:image

 

3.とりあえず塗料を塗ります。
f:id:metalclimber:20190807012359j:image

 

4.塗料がウェットな状態で、砂(珪砂)を振りかけます
f:id:metalclimber:20190807012404j:image

 

5.塗料乾燥後、ブラシで余計な砂を落とします。
f:id:metalclimber:20190807012416j:image

余分な砂を落とすとこんな感じ。このままだと強く擦ると砂がポロポロ剥がれてしまいます。
f:id:metalclimber:20190807012353j:image

 

6.塗料を上塗りします
f:id:metalclimber:20190807012423j:image
f:id:metalclimber:20190807012410j:image

 

7.乾燥後、マスキングテープを剥がすと完成です。

 

今回使用した珪砂と塗料はこちら。

f:id:metalclimber:20190807230626j:image

 

どちらも近所のホームセンターで購入しました。

 

珪砂はネット通販などで探すと、大小さまざまなサイズがあるようです。使う珪砂のサイズによって手触り変えられそうです。アサヒペンの滑り止め材は、表記はありませんでしたが、おそらく6号とか7号とか、かなり細かいもんだと思います。

 

また、塗料は今回も扱いやすい水性アクリルを使用しました。アクリル系は乾燥後も表面がペタペタする吸着感があるため、すべすべにするなら、最後にウレタンスプレーするとか、そもそもウレタン塗装を使うとか、そういう方がいいかもしれないっす。

 

さて、実際にシンプル激似ハリボテをつくります。

 

描いた図面通りに木材をカットします。

f:id:metalclimber:20190807164542j:image

貼り合わせ、補強、隙間をパテ埋め、やすりがけ、マスキングをしたのちに塗装します。

 

珪砂を振りかけて、乾燥後に再度塗装します。

 

乾燥待ち。ドキドキ。
f:id:metalclimber:20190807164533j:image

 

乾燥後、マスキングを剥がして全体を再塗装すると出来上がりです。

 

できた〜。意外とそれっぽい。
f:id:metalclimber:20190807164547j:image

 

マスキングして砂が付かないようにしておいた部分はフリクションのないツルツルに仕上がります。
f:id:metalclimber:20190807164527j:image

 

本家の出来にはもちろん劣りますが、家の壁に付けるには十分なハリボテが完成です。

 

ホームセンターで適当な小さい端材を袋買いしてくれば大量にホールドつくれそうだなぁ。

 

 

ハリボテ自作 2回目

先日、クライミングを始めてから初の、怪我をしてしまった。ジムでスローパー保持を頑張りすぎて手首を痛めた。正直カバン持つのも、結構痛い。1ヶ月経ってかなり良くなってきたが、まだぶら下がるほど回復してないので、もう暫くははジムお預け。こういう時は体幹レーニングとかやるべきなのか。いいきっかけだから始めようかな。

 

さて、壁登ることもできないんで、一年ぶりにまたも、ハリボテ自作しました。

自作した壁の端材がそれなりに大きく、捨てるにも金がかかるんで、材料の処分が目的です。

前回は木の板にごくふつうの塗装をしただけのツルツルボテだったが、今回はフリクションのあるボテをつくってみようと思う。

 

【前回のハリボテ自作記事】

ハリボテ自作 - メタルクライマーのブログ

 

作業開始。まずは材料カットから始めて素組み状態。木工ボンドで仮固定します。

f:id:metalclimber:20181127200738j:image

 

補強を入れて、補強と板をビスどめする。ここまでは前回同様。

f:id:metalclimber:20181127200814j:image

 

フリクション付与のため、ボテの表面にヤスリ(耐水ペーパー)を貼ってみます。うまくいくかはやってみないとわからない。塗装すると目が潰れるんじゃないかと思い、かなり荒目(#120)にしてみた。

f:id:metalclimber:20181127200848j:image

 

ペーパーを三角にカットしてそれぞれの面に、貼り付けるとこんな感じ。貼り付けは両面テープでベタ貼りです。

なんか結構イケてる感あります。

f:id:metalclimber:20181127200909j:image

 

次に塗装。今回も水性ウレタン塗料を使いました。マスキングして、フリクションのありなしで色を塗り分けてみる。

f:id:metalclimber:20181127200925j:image

 

塗装後の表面はこんな感じ。見た目結構いい感じですが、#120荒すぎた。。。指マジで削れる。指に穴あきそう。

塗装って結構薄いから、目が潰れなかったんですね。塗装前の目の荒さの感覚とほぼ同じです。

f:id:metalclimber:20181127200944j:image

 

流石に痛すぎるんで、目を潰すため、乾燥後に塗料2度塗りしました。

出来上がりはこんな感じ!青がザラザラ、黒がツルツル。

図面とか掲載したら需要あるかな、どうだろうか。

f:id:metalclimber:20181127201040j:image

 

まだ板材余ってるなぁ、次回は何をつくろうか。

 

ペナン島でクライミング(ジム編)

出張でマレーシア、ペナン島へ。

ペナンには今年2回目の訪問だが、週末のある出張は久々で1年ぶり。

アジア圏の出張というと、大抵平日は仕事終わりにたらふく飲み食いし、週末は部屋でゴロゴロと太るばかりの生活になるのだが、どうやらこのペナン島にもクライミングジムができたようで、久々にアクティブな週末を過ごしてみることに。

Project Rock Penang

f:id:metalclimber:20180929221715j:image

宿泊中のジョージタウン、Jen Hotelでタクシーを拾って30分ほど、閑静な住宅街の中に最近できたクライミングジムだ。ホテル前で拾ったタクシーで30RM、1000円いかないくらい。

f:id:metalclimber:20180929222728p:image

f:id:metalclimber:20180929222807j:image

月曜日は休業だそう。

 

f:id:metalclimber:20180929222855j:image

f:id:metalclimber:20180929222916j:image

部屋が2つあり、幅3mくらいの壁が4面。高さは3〜4mくらいか。店内ぱっと見の印象は狭い、暗い。だがペナンでクライミングできるという点では十分に嬉しい存在。

 

料金は一回25RM、700円くらいか。月パス年パスもあるようだ。

f:id:metalclimber:20180929223417j:image

 

f:id:metalclimber:20180929223456j:image

f:id:metalclimber:20180929223828p:image

まぶし壁で課題も結構あり、緩傾斜から小さいながらルーフまである。

課題はそれなりにあるが、フットホールドがマークされてなかったり、ホールドが外されてバグってたり、さらにグレードもほとんどが店員に聞かないとわからないという謎仕様。無駄に7cとか触って一瞬でパンプしてしまった。

 

店員さんはとてもフレンドリーで、セッションしてくれました。すげー強かったんで接待クライミングみたいになってしまった。

2手から始めて交代で2手追加してどちらかが完登できなくなるまで続けるスタイルがなかなか面白かった。

 

2時間半ほどジムで楽しんだ帰りにビーチにある外岩にも立ち寄ってみた。ジムの店員曰く登る人はまぁほぼいないそう。『変人だと思われるよ』だそうで。でもいいんです、岩見るのもトレーニングなんです。

f:id:metalclimber:20180929225155j:image

水没。

干潮でないといけないっぽい。

明日また来てみよう。