メタルクライマーのブログ

メタル音楽 + クライミング(ボルダリング) + 横浜のお店

自作クライミングウォールep.9

f:id:metalclimber:20180205221612p:image

壁完成

昨年末ついに、自宅に念願のトレーニングウォールが完成しました。幅2メートル、鉛直高さ3.2メートル、前傾25度。

有名なムーンボードなどと比べると若干小さく傾斜も緩いですが、小さい部屋を最大限に活用する満足のいく出来でした。

構想1年、つくり始めれば早いもんで、着工から1ヶ月で完成です。

一応、新居なので若干気が引けましたが、まぁ簡単なので壁にがっつりとビスを打ち、壁に2x4骨組を直に組む構造にしました。

 

ひさびさの2次元CAD

 仕事柄3次元CADには毎日お世話になっていますが、個人で使用するにはライセンス料が非常に高価なため(ここに金を使うならホールド買った方がよい)壁の設計にはフリーの2次元CADソフトを使用しました。

昔学生の頃JW_CADってのを使ったことがありますが、似たような操作感のAR_CADを使いました。

www.ar-cad.net

3次元に慣れていると、2次元ってのは簡単な構造とはいえ書くの結構面倒くさいです。3次元CADが一般的でなかった昔の様々な製品が主に直線的だったのも納得です、だって描けないっすもん。

 

構造体は2x4材で

2x4材はホームセンターで安価に買え、もちろん木材ですから加工も容易で大変重宝しました。ウチは違いますが家自体2x4工法の家もあるので比較的設計もし易いハズです。2x4材の幅が38x89mmに対してウチは在来工法で間柱たぶん30mm、管柱たぶん105mmなので寸法合わせがちょっとだけ面倒でした。

f:id:metalclimber:20171107202326j:image

費用 

メイン壁に加え、キャンパ壁、ハングボードも含め、ざっくり計算でトータル50万円くらいでした。

ざっくり内訳は

木材(2x4やホールドを取り付けるベニヤ):5万円

ビス&取付金具:1万円(色々トライ&エラーしたため使わなかったものも多数)

工具:5~10万円(マルノコ、計測器具、脚立など)

マット:12万円(一緒に仕立てたカバーがなかなか高価)

ホールド:20万円くらい?試しに欧州から輸入なんかもやってみた。

 

壁の全体像はこんな感じ

f:id:metalclimber:20180206010925p:image

ジムの年会員が10万程度と考えると、高いのかどうかわからない感じはしますが、先日のような大雪の日も早めに仕事からあがって時間を気にせずトレーニングということでプライスレス的なもんだと考えようと思います。

 

これからはコソ練が捗りそうです。

先ずは年末年始でたっぷりついた脂肪を落とすところから・・・。